コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅藍 どうらんcovelline; covellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅藍
どうらん
covelline; covellite

硫化銅(II)CuS からなる硫化鉱物コベリンとも呼ぶ。藍青色で,金属光沢をもち,玉虫色に輝いて見えることもある。条痕は灰黒色。硬度 1.5~2,比重 4.7。六方晶系劈開は{0001}に完全。薄いシート状にはがれる。熱水鉱床,火山噴気孔の昇華鉱物(→昇華鉱床)などで 1次鉱物として見られるが,黄銅鉱輝銅鉱硫ヒ銅鉱など硫化鉱物の 2次鉱物としてその表面を覆っている場合が多い。コベリンの名称は最初に記述したイタリアの鉱物学者ニコラ・コベリにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

どうらん【銅藍】

硫化銅(Ⅱ)からなる鉱物。藍青色で亜金属光沢がある。六方晶系。コベリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅藍
どうらん
covellite

銅の鉱石鉱物の一つ。地表付近での銅鉱物の酸化による二次生成の産物として産し、またある種の熱水鉱脈鉱床、黒鉱鉱床中にみられるほか、火山昇華物としても産する。日本では、山梨県北杜(ほくと)市須玉(すたま)町小尾(おび)鉱山で六角板状の自形結晶として産し、秋田県小坂(こさか)町小坂鉱山も有名な産地である。英名は、イタリアの鉱物学者コベッリNicola Covelli(1790―1829)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銅藍の関連キーワード銅藍(データノート)雪隠金亀子銅鉱床福地鉱鉱山

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android