コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉虫色 タマムシイロ

デジタル大辞泉の解説

たまむし‐いろ【玉虫色】

タマムシの翅(はね)のように、光線のぐあいで緑色や紫色などに変わって見える染め色、または織り色。
見方や立場によっていろいろに解釈できるあいまいな表現などをたとえていう語。「玉虫色の答弁」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまむしいろ【玉虫色】

玉虫の羽のように、光線の具合でいろいろな色に変わって見える染め色や色調。
襲の色目の名。表は青黒、裏は二藍ふたあいまたは薄色。また、経たて緑、緯よこ赤味のある紫の織り色。
解釈のしようによって、どちらとも取れるあいまいな表現。 「 -の改革案」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉虫色の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)アルベール マルケ戦後50年国会決議惑星9の休日マルギラン夏虫の色三中全会国際結婚コベリンラスターギンガムタフタマルケ口紅化粧羽色玉虫道入銅藍乳光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉虫色の関連情報