コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペイスク Kopeysk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペイスク
Kopeysk

ロシア中西部,チェリャビンスク州の都市。州都チェリャビンスクの南東郊にあり,鉄道,ハイウェーのほか,路面電車で結ばれる。 1920年建設,33年市となった。チェリャビンスク褐炭田の採炭中心地の一つで,採炭業のほか,機械 (鉱山,建設) ,建設資材などの工業がある。 1960年代なかばから炭坑の閉鎖が相次ぎ,人口は減少を続けている。人口 13万7604(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コペイスク
こぺいすく
Копейск Kopeysk

ロシア連邦中部、チェリャビンスク州の都市で、ウラルの鉱工業中心地。人口7万2700(2003推計)。チェリャビンスクの南東郊外にあるチェリャビンスク炭田の採炭中心地。機械工業(石炭工業用設備、建設機械)がある。チェリャビンスクとは市電とハイウェーで結ばれている。1997年に大型パネル住宅建材工場の建設が始まった。[中村泰三・小俣利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android