コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメディー・フランセーズ コメディー・フランセーズLa Comédie-Française

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメディー・フランセーズ
La Comédie-Française

フランス座。テアトル・フランセ,あるいは「モリエールの家」ともいう。パリのパレ・ロワイヤルにあるフランス第1の国立劇場,およびその劇団。モリエールの死後7年目の 1680年,ルイ 14世の命によってブルゴーニュ劇団と,モリエールの「盛名劇団」の流れをひくマレー座とが合同し,「王の俳優」の名のもとに王立劇団コメディー・フランセーズを結成。大革命を経て劇団は分裂し,F.-J.タルマが率いる一派がオデオン座から現在地へ移転したが,ナポレオンの執政官時代の 1799年両派は再び統合され,新たに国立劇団として再発足して今日にいたる。現存の建物は 1900年の火災後に改築されたもの。出し物はモリエールを中心とする古典劇が最も多いが,適宜新作も交えて上演され,現代作家の作品も次第に多く上演される傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コメディー・フランセーズの関連キーワードバロー(Jeanジャンヌ・サマリーの肖像ジャン ロシュフォールエディンバラ音楽演劇祭クリストファー リーヴピエル ブランシャール藤浪 与兵衛(4代目)フランシス ユステールアンドレ デュソリエポール ジェラルディエミール ファーブルA. リヴォワールリシャール ベリーアンドレ オベーマリー デュボアサラ ベルナールジャック コポーJ. クラルシーブルゴーニュ座J. マルシャ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コメディー・フランセーズの関連情報