コリュバンテス(英語表記)Korybantes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリュバンテス
Korybantes

フリュギアの大女神キュベレの祭司たちの呼び名で,ギリシア神話レアと同一視された。キュベレの愛人アッティスの例にならい,去勢し,シンバルを打鳴らしながら狂熱的舞踏を踊った。神話のなかでは,レアの命令で赤子のゼウスのまわりで楯を打鳴らしながら踊ったというクレテスたちと混同されることが多い。ローマではガリと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android