がり(読み)ガリ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 しかること。叱責。譴責(けんせき)。「がりを食(く)う」の形で、しかられるの意にいう。
※歌舞伎・因幡小僧雨夜噺(1887)四幕「親分に、がりを喰ふのが見える様だ」
〘名〙 「がりばん(━版)」の略。また、「がりを切る」などの形で用い、謄写印刷で、やすりの上に置いた原紙に鉄筆で文字や絵などを書くことをいう。
※赤い孤独者(1951)〈椎名麟三〉二「ガリが書けなくて毛筆専門にやっていたが」
〘名〙 隠語。
① 娘、また嫁を、人形浄瑠璃社会などでいう。
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「娘 がり」
② てきや・露天商・盗人仲間でいう。
(イ) (「しんがり」の略か) 子ども、幼児のこと。〔日本隠語集(1892)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉三「俺んとこもガリ(子供)ができた」
(ロ) (「しんがり」の略) 露店などで、店を出す場所の一番はずれのところ。
※笹まくら(1966)〈丸谷才一〉二「裾(ガリ)というのは店を張る場所としてはいちばん不利だということを」
③ (「がりがりとかじる」ところから) 生薑(しょうが)をすし屋でいう。
〘副〙 (「ごうり(毫厘)」の変化した語か) まったく。少しも。寸分。
※葬列(1906)〈石川啄木〉「これと毫厘(ガリ)寸法の違はぬ女が、昨日の午過、伯父の家の門に来て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のがりの言及

【マグロ(鮪)】より

…刺身やすし種としてもっとも価値が高い。ただし,産卵後のものは〈がり〉とか〈らっきょ〉とかいわれ身が柔らかく不味である。同様に肉に脂っ気が多く身が赤いミナミマグロの価値も高い。…

※「がり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がりの関連情報