コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリントス戦争 コリントスせんそう

百科事典マイペディアの解説

コリントス戦争【コリントスせんそう】

前395年―前386年コリントスアテナイテーバイアルゴスなど中部ギリシアの諸都市国家が同盟を結んでスパルタと戦った戦争。同盟軍は各所で勝利し,スパルタはペルシアの仲介を得て平和条約(アンタルキダス条約)を結んだが,海上権はアテナイに奪回された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリントスせんそう【コリントス戦争】

前395‐前386年に,テーバイ,アルゴス,コリントス,アテナイと,スパルタを中心とするペロポネソス諸国とが,ペルシアの介在を通して行った一連の戦争。ペロポネソス戦争に勝利したスパルタは,小アジア諸ポリスの反ペルシア闘争を支援し,ペルシア勢力圏に介入したため,ペルシアはギリシア本土に働きかけて反スパルタ運動を起こさせ,スパルタの矛先を転じようとした。これに応えて,前395年テーバイはアテナイの支援を受け,ハリアルトスの会戦でスパルタのリュサンドロス軍を打倒。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコリントス戦争の言及

【コリントス】より

…しかし戦後のアテナイの急速な興隆とその西方への介入はコリントスの脅威となり,ケルキュラとポテイダイアをめぐるアテナイとの争いは,前431年に勃発したペロポネソス戦争の直接的原因となった。ペロポネソス戦争後は,ギリシアの覇権を握ったスパルタに対抗するために一転してアテナイ,テーバイ,アルゴスと結託,これがコリントス戦争の因となる。戦闘がおもにコリントス周辺で行われたため,その損害は大きく,戦争継続をめぐり内訌を生じ,一時アルゴスの支援下で流血による民主政体が樹立された。…

【スパルタ】より

…対外的にもスパルタの覇権は脅かされた。ペルシアと戦うにいたり,前395年にはペルシアの指嗾(しそう)で結ばれたアテナイ,テーバイ,コリントス,アルゴスの同盟を相手にコリントス戦争が始まった。スパルタはアンタルキダス条約でペルシアに譲歩してギリシアにおける勢力維持に成功した。…

※「コリントス戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コリントス戦争の関連キーワードイフィクラテストラシュブロスアゲシラオスアンドキデス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android