一進一退(読み)イッシンイッタイ

デジタル大辞泉の解説

いっしん‐いったい【一進一退】

[名](スル)進んだり退いたりすること。また、事態がよくなったり悪くなったりする状態。「戦況は一進一退を繰り返す」「病状が一進一退する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いっしん‐いったい【一進一退】

〘名〙 進んだり、退いたりすること。また、情勢がよくなったり、悪くなったりすること。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「客数かくの如く多かるから、供給需用相当(あひあた)らず、一挙一動、一進一退(いっシンいっタイ)、娼妓に誠実(まこと)の原素なきは、素其筈の事なりかし」
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「互に相接近するに従ひ、其勢愈両立する能はず。一進一退」 〔荀子‐脩身〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一進一退

前へ進んだり、後戻りしたりすること。また、病状や情勢がよくなったり、悪くなったりすること。

[活用] ―する。

[使用例] 胸の病気のほうは一進一退、痩せたりふとったり、血痰が出たり[太宰治*人間失格|1948]

[使用例] 一日気持ちのいい日がつづくと、あとの三日は寝ていなければならず、病状は一進一退だった[辻邦生*嵯峨野明月記|1971]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報