コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレステロールアシルトランスフェラーゼ

1件 の用語解説(コレステロールアシルトランスフェラーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コレステロールアシルトランスフェラーゼ

 [EC2.3.1.26].コレステロールアシル転移酵素ともいう.コレステロールをコレステロールの脂肪酸エステルに変換する反応を触媒する酵素で,レシチンを基質とするレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ (LCAT (lecithin-cholesterol acyltransferase))と,アシルCoAを基質とする アシルCoAコレステロールアシルトランスフェラーゼ (ACAT (acyl-CoA cholesterol acyltransferase)) がある.前者は高密度リポタンパク質にコレステロールをエステルとして取り込ませる作用をするとされ,後者は細胞,過剰の遊離コレステロールをエステル化して貯蔵させる役割を果たすとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレステロールアシルトランスフェラーゼの関連キーワードステロール総コレステロール外因性高コレステロール血外因性コレステロールコレステロールエステラーゼ低コレステロール血低コレステロール食内因性コレステロール本態性高コレステロール血総コレステロール(T-CHO)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレステロールアシルトランスフェラーゼの関連情報