コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレステロールアシルトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

コレステロールアシルトランスフェラーゼ

 [EC2.3.1.26].コレステロールアシル転移酵素ともいう.コレステロールをコレステロールの脂肪酸エステルに変換する反応を触媒する酵素で,レシチンを基質とするレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ (LCAT (lecithin-cholesterol acyltransferase))と,アシルCoAを基質とする アシルCoAコレステロールアシルトランスフェラーゼ (ACAT (acyl-CoA cholesterol acyltransferase)) がある.前者は高密度リポタンパク質にコレステロールをエステルとして取り込ませる作用をするとされ,後者は細胞,過剰の遊離コレステロールをエステル化して貯蔵させる役割を果たすとされる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

コレステロールアシルトランスフェラーゼの関連キーワードホスファチジルコリンアシルトランスフェラーゼ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android