コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシチン lecithin

翻訳|lecithin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レシチン
lecithin

ホスファチジルコリンともいう。脳,神経,血球,卵黄,ダイズなど,動植物界に広く分布するリン脂質。エーテル,アルコールに可溶,アセトンに難溶,水にはミセルをつくって溶け,両性イオンとして界面活性を示す。ホスホリパーゼによって加水分解されるが,加水分解される場所はホスホリパーゼの種類によって異なる。蛇毒のホスホリパーゼAは1分子の脂肪酸だけを加水分解して除き,溶血作用のあるリゾレシチンを生じる。レシチンは乳化作用が大きいので,食品,医薬の乳化剤として使用される。 (→ホスファチジン酸 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レシチン(lecithin)

代表的な燐脂質(りんししつ)の一。界面活性をもつ。生体膜などの構成成分として動植物に広く分布し、特に脳・神経・卵黄や大豆・酵母などに多い。ホスファチジルコリン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レシチン

リン脂質

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

食の医学館の解説

レシチン

コレステロールをはじめとする脂質の代謝(たいしゃ)や、細胞膜(さいぼうまく)の生成に欠かせない物質で、脂質の一種です。
 マヨネーズの材料にも使われているように、レシチンには水分と油を結びつける、強い乳化作用があります。この作用によって、余分なコレステロールを引きつけ、血管の中を掃除して、動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防・改善に効果を発揮します。
 また、血栓(けっせん)を溶かして血液の流れをスムーズにする作用をはじめ、肝臓への過剰な脂肪沈着を防いで、脂肪肝(しぼうかん)や肝硬変(かんこうへん)を予防する、脂質の代謝を促進して肥満を防止する、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助けるといった働きもあり、生活習慣病の予防に有効です。
 さらに、神経伝達物質のアセチルコリンを生成することから、老化による記憶力の減退や認知症、アルツハイマー病の予防、学習能力の向上などにも、効果があるのではないかと期待されています。
 また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きもあります。
 レシチンは、ダイズやとうふなどのダイズ加工食品、卵黄(らんおう)、ピーナッツ、酵母などに多く含まれています。また、レシチンの材料となるコリンを豊富に含んだ、緑黄色野菜やレバー類を食べるのも、間接的ではありますがレシチン摂取の有効手段です。
 ちなみに、単純に含有量からみた場合、レシチンをもっとも多く含む食品は卵黄です。
 しかし、卵黄はコレステロールを非常に多く含むのが難点。コレステロールが気になる人は、ダイズやダイズ加工食品からの摂取を考えたほうがいいでしょう。

出典|小学館食の医学館について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

レシチン【lecithin】

リン脂質の一種。細胞膜などの生体膜・脳神経・神経組織の構成成分。うなぎ、レバー、豆製品、野菜類、卵黄、酵母、カビ類、ゴマ油などに多く含まれる。脳内の神経伝達物質の合成に重要な役割をもち、脳の機能を活性化して記憶力や集中力を高め、老人性痴呆症を予防する働きをもつほか、血管壁に付着したコレステロールを溶かして動脈硬化の抑制、血管の正常化維持、肝臓・腎臓の解毒作用、脂質の代謝を促進する物質を生成して肥満の予防・改善などに効果があるとされる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

レシチン【lecithin】

グリセロリン酸を骨格としてもつリン脂質。生体膜の主要構成成分で、動物・植物・酵母・カビ類に広く分布している。食料品や医薬品のマイクロカプセル剤として利用。ホスファチジルコリン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシチン
れしちん
lecithin

代表的なリン脂質の一種で、ホスファチジン酸のリン酸基にコリンがエステル結合したもの。科学名はホスファチジルコリン。動植物中で量的にもっとも多いリン脂質で、脳、神経、血球、卵黄、豆胚乳(はいにゅう)などの組織に多く含まれるが、細菌にはほとんどみいだされない。
 哺乳(ほにゅう)動物ではレシチンは、リン脂質二重膜の内側よりも外側に多く分布し、両者あわせると全リン脂質の半分近くを占め、とくに肝臓や肺に多い。
 レシチンを構成する脂肪酸のうち主要なものは、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アラキドン酸などである。通常、グリセリンの1位に飽和脂肪酸、2位に不飽和脂肪酸を含む構造を有し、生体膜や血清リポタンパク質の構成成分として重要である。2位のアラキドン酸はエイコサノイド(プロスタグランジンなど)の前駆体である。大豆に含まれる1、2位ともリノール酸からなるレシチンは、血清コレステロール代謝改善効果を有する。肺胞膜中の1、2位ともパルミチン酸からなるレシチンは、界面活性能が強く、肺胞の虚脱(癒着)を防止する。一般に両性イオン界面活性をもつので、大豆から多量に得られるレシチンは、食品や薬品の乳化剤に利用される。リン脂質(おもにレシチン)の摂取量は1日当り2グラム程度である。
 レシチンはホスホリパーゼ(フォスフォリパーゼ)とよぶ酵素(レシチナーゼともいう)によってエステル結合を加水分解されるが、加水分解するエステル結合の位置によって酵素が分類されている。その酵素のうち蛇毒や細菌毒素に含まれるホスホリパーゼA2は、レシチンを加水分解してリゾレシチンを生ずるが、これには細胞を破壊したり赤血球を溶血する作用がある。[菅野道廣・若木高善]
『松木康夫著『松木康夫の大豆レシチン健康法』(1988・ベスト出版、日東書院発売) ▽渡辺隆夫著『食品開発と界面活性剤――その基礎と応用』(1990・光琳) ▽江本綾子著『知られざるレシチン健康法』(1993・文化創作出版) ▽北原文雄著『界面活性剤の話』(1997・東京化学同人) ▽松木康夫監修『大豆レシチン――食べるだけで現代病がみるみるよくなる』(1998・日東書院) ▽永山久夫著『縄文文化の復権――わたしたちは何を食べてきたのか』(1999・作陽学園出版部、れんが書房新社発売) ▽糸川秀治監修、広海輝明著『秘薬 ウコンで肝臓革命』(1999・駿台曜曜社) ▽帯津良一著『大豆の凄い薬効』(2000・宙出版) ▽福生吉裕著『大豆レシチン物語り』(2000・日本医療企画) ▽亀和田光男監修『食品素材の開発』(2001・シーエムシー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のレシチンの言及

【肺】より

…II型細胞の最も重要な役割は,肺胞表面活性物質の産生と分泌である。この物質の主体は,レシチンlecithin(ホスファチジルコリンphosphatidylcholine)である。肺胞表面活性物質は肺胞上皮細胞の表面に分泌され,肺胞の表面張力を弱めるのに役立つ。…

※「レシチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レシチンの関連キーワードレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼコレステロールアシルトランスフェラーゼホスファチジルエタノールアミンポリエンホスファチジルコリンピーナッツ・カシューナッツ油揚げ・厚揚げ・がんもどき卵黄ホスファチジルコリンリン脂質生合成阻害剤ワッセルマン反応グリセロリン酸ヨークレシチンリン(燐)脂質老人性痴呆症サヤエンドウエマルジョン一色産うなぎ慢性気管支炎チョコレートレシチナーゼキャラメル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レシチンの関連情報