コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチャロフスキー コンチャロフスキー Konchalovskii, Pëtr Petrovich

2件 の用語解説(コンチャロフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチャロフスキー
コンチャロフスキー
Konchalovskii, Pëtr Petrovich

[生]1876.2.21. スラビャンスク
[没]1956.2.2.
ロシアの人民画家。ハリコフのラエスカ・イバノバ美術学校およびストロガノフスク中央学校を経て,1897年から2年間パリのアカデミージュリアンに学ぶ。 98年帰国し,さらにペテルブルグ・アカデミーでボロジニコフに師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンチャロフスキー
こんちゃろふすきー
Пётр Петрович Кончаловский Pyotr Petrovich Konchalovskiy
(1876―1956)

ロシアの画家。パリのアカデミー・ジュリアン(1897~98)とペテルブルグの美術アカデミーに学ぶ。初め「ダイヤのジャック」に属し、厚塗りの、かなり強烈な静物画を描いていた。『竜舌蘭(りゅうぜつらん)』(1916・トレチャコフ美術館)はその時代の代表作である。肖像画『G・ヤクーロフの肖像』(1916・トレチャコフ美術館)ではフォルムを抽象化しながらも、鋭い性格描写を追究している。「ダイヤのジャック」派の人々、レントゥーロフ、クプリーン、ファリク、マシコフらは概してソビエト時代に不遇であったが、コンチャロフスキーは比較的恵まれていた。だが、全面的に評価されるようになったのは第二次世界大戦後の「雪どけ」(冷戦緩和)以降のことであった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンチャロフスキーの関連キーワード浦百姓薄ら氷ファーラビートンスラクライスラー300シャングリラ病原体ラビットオートキャンプ場グービャウヂー寺院スビャトスラフ・イーゴレビチ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンチャロフスキーの関連情報