コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテンツ産業振興基本法 こんてんつさんぎょうしんこうきほんほう

1件 の用語解説(コンテンツ産業振興基本法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテンツ産業振興基本法

ゲーム、アニメ、映画、音楽などのコンテンツ(情報の内容)を、今後の日本のリーディング産業として育成していくことを主眼として、2004年の通常国会議員立法により成立した法律。コンテンツ制作のための資金調達方法の多様化、過去のコンテンツを円滑利用するための著作権法の改正、会社法の合理化など、コンテンツ産業の持つさまざまな課題の解決に向けて、期待の持てる内容になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone