コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンデ親王ルイ[2世] コンデしんのうルイLouis II,Prince de Condé

1件 の用語解説(コンデ親王ルイ[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンデしんのうルイ【コンデ親王ルイ[2世] Louis II,Prince de Condé】

1621‐86
フランスの名門貴族。筆頭親王家であるコンデ家の第4代当主。テュレンヌと並ぶ名将として〈大コンデLe Grand Condé〉と呼ばれた。若くして三十年戦争に参戦し,ロクロアの戦(1643)で大勝して名声を博した。フロンドの乱では,当初国王軍の中枢を担ったが,戦功が十分認められないのを不満とし,大貴族を率いて〈貴族のフロンド〉の立役者となった。敗北後スペイン軍に投ずるが,ピレネー条約(1659)で復帰する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコンデ親王ルイ[2世]の言及

【フロンドの乱】より

…これを機に一挙に反マザラン運動は高まりをみせ,パリの民衆は28日まで街中のいたるところにバリケードを築くとともに王宮を包囲し(バリケードの日事件),ブルーセルを釈放させた。後退したマザランは,10月念願の三十年戦争の終結を実現すると,ひそかにロクロア決戦の勝者コンデ親王ルイ2世と結び,49年1月,国王一家を脱出させて,その配下の軍隊をもってパリを包囲した。この情勢に加えて,イギリスのチャールズ1世処刑の知らせに動揺した高等法院は結局,3月リュエイユの和約を結んで妥協した。…

※「コンデ親王ルイ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コンデ親王ルイ[2世]の関連キーワード西インド会社フェリペ[3世]フェリペ[4世]大間のマグロマシニングセンター有馬家天草四郎織田有楽加藤盤斎木下順庵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone