コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンデ親王ルイ[2世] コンデしんのうルイ Louis II,Prince de Condé

1件 の用語解説(コンデ親王ルイ[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンデしんのうルイ【コンデ親王ルイ[2世] Louis II,Prince de Condé】

1621‐86
フランスの名門貴族。筆頭親王家であるコンデ家の第4代当主。テュレンヌと並ぶ名将として〈大コンデLe Grand Condé〉と呼ばれた。若くして三十年戦争に参戦し,ロクロアの戦(1643)で大勝して名声を博した。フロンドの乱では,当初国王軍の中枢を担ったが,戦功が十分認められないのを不満とし,大貴族を率いて〈貴族のフロンド〉の立役者となった。敗北後スペイン軍に投ずるが,ピレネー条約(1659)で復帰する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコンデ親王ルイ[2世]の言及

【フロンドの乱】より

…これを機に一挙に反マザラン運動は高まりをみせ,パリの民衆は28日まで街中のいたるところにバリケードを築くとともに王宮を包囲し(バリケードの日事件),ブルーセルを釈放させた。後退したマザランは,10月念願の三十年戦争の終結を実現すると,ひそかにロクロア決戦の勝者コンデ親王ルイ2世と結び,49年1月,国王一家を脱出させて,その配下の軍隊をもってパリを包囲した。この情勢に加えて,イギリスのチャールズ1世処刑の知らせに動揺した高等法院は結局,3月リュエイユの和約を結んで妥協した。…

※「コンデ親王ルイ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンデ親王ルイ[2世]の関連キーワードフランス組曲フロンドの乱ランブイエフランス窓名門フランスソワールペリエマンデスフランスフランステレビジオンシランクス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone