コンピュータセキュリティ(英語表記)computer security

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータセキュリティ
computer security

ハードウェア,ソフトウェア,データなどからなるコンピュータシステムを,災害,障害,犯罪,操作ミスなどから保護し,データの機密性,完全性,可用性を保持すること。コンピュータ記憶装置の大容量化,高性能化により,コンピュータシステムに支障が出た場合にもたらされるいろいろな被害はこれまでになく大きく複雑になっている。さらにインターネットなどで外部と接続して利用することが多くなったため,不正アクセスによるシステムやデータの破壊,データの改竄(かいざん)や盗難,コンピュータウイルスなど,外部からの悪意や犯罪性をもった接触に対しても防御しなければならない。このため,コンピュータの安全対策として,認証されていないアクセスができないように,ユーザー認証システムやファイアーウォールの設定,不正アクセスがあった場合の検知システム,外から攻撃されやすいシステムの脆弱性の解決など,さまざまな方策がとられている。また,データの損失を防ぐためバックアップを十分にとっておくことが大切である。さらに,技術面だけでなくユーザーの人間としての特性をも含めた運用面からシステムの信頼性と安全性を高めることも重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンピュータセキュリティの関連情報