コンプリメンタリ型MOSFET(読み)コンプリメンタリがたモスエフイーティー(英語表記)complementary metal-oxide-semiconductor field-effect transistor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプリメンタリ型MOSFET
コンプリメンタリがたモスエフイーティー
complementary metal-oxide-semiconductor field-effect transistor

pチャネル・エンハンスメント型 MOSFETとnチャネル・エンハンスメント型 MOSFETという極性の相反する FET (電界効果トランジスタ) を相補的 (コンプリメンタリ) に用いた MOSFET。コンプリメンタリ型 MOSFETを用いたインバータ (反転) 回路において,一方の MOSFETが「オン」であれば他方の MOSFETは「オフ」であり,回路の静止時に流れる電流は漏れ電流のみ ( 10-9A 以下) である。動作時においても,回路が導通状態になるのは動作周期の一部だけであるため,消費電力が非常に小さい特長をもつ。また,電源電圧の変動や外部雑音に対して動作が影響を受けにくい同様な原理を用いた他の論理回路とともに,コンプリメンタリ型 MOS集積回路として広く用いられている。 CMOSと略されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android