コンラッド・ハル ウォディントン(英語表記)Conrad Hal Waddington

20世紀西洋人名事典の解説

コンラッド・ハル ウォディントン
Conrad Hal Waddington


1905.11.8 - 1975.9.29
英国の生物学者。
エジンバラ大学教授。
ケンブリッジ大学ストレンジウェーズ研究所動物学・発生学講師を経て、エジンバラ大学動物遺伝学研究所教授、所長に就任した。ケンブリッジ大学時代は、鳥類や両生類の形成体に関する実験発生学的研究を行い、エジンバラ大学ではショウジョウバエを用いた発生遺伝学的研究に取り組み、発生過程における適応的進化に取り組んだ。理論生物学や科学論に関する著作も多く「エシカル・アニマル」(’60年)、「生命の本質」(’61年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android