コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コン・ティキ号探検記 コンティキごうたんけんき

百科事典マイペディアの解説

コン・ティキ号探検記【コンティキごうたんけんき】

ヘイエルダール著の漂流探検記。1948年刊。1947年4〜8月,著者一行は,昔の南米の住民が南太平洋の諸島に移住できたことを実証するため,バルサ製の筏(いかだ)コン・ティキ号に乗り,ペルーカヤオからポリネシアのラロイア環礁まで101日間に4300カイリを航海した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

コン・ティキ号探検記の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android