コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーエンタヌジ コーエンタヌジ Cohen-Tannoudji, Claude

2件 の用語解説(コーエンタヌジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーエンタヌジ
コーエンタヌジ
Cohen-Tannoudji, Claude

[生]1933.4.1. アルジェリアコンスタンティーヌ
フランス物理学者。1962年コレージュ・ド・フランスで博士号を取得。1973年同校教授。1960年代から原子と光の相互作用について研究を続ける。1985年アメリカ合衆国スタンフォード大学スティーブンチュードップラー冷却法によりナトリウム原子を絶対温度で 240μK(マイクロケルビン。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーエンタヌジ
こーえんたぬじ
Claude Cohen-Tannoudji
(1933― )

フランスの物理学者。アルジェリアのコンスタンチン生まれ。フランスの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)を卒業。2年間の兵役を経てフランス国立科学研究センターで研究を続け、1962年に高等師範で博士の学位を取得した。1973年にコレージュ・ド・フランスの教授になり、1984年レーザー冷却レーザートラッピングの研究を進めるための研究室を立ち上げた。
 原子の姿を観察する場合、固体や液体だと隣の原子の影響を大きく受けてしまうので、隣に原子がない気体の状態が有利だが、気体の原子は室温だと秒速1キロメートル以上の速さで飛び回っている。この原子にレーザーを当てることで減速、冷却するのがレーザー冷却で、さらに動かないように位置を固定する技術がレーザートラッピングである。研究グループは、アメリカのS・チュー、W・フィリップスの研究を進展させて、従来の理論では考えられないほどの低温に冷却する理論的枠組みを考え出し、1995年には、実際にヘリウムの原子を秒速2センチメートルにまで減速させることに成功した。この業績により、チュー、フィリップスとともに1997年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエンタヌジの関連キーワードアルジェリアアルジェリア事件阿爾及アルジャザイルアルジェの戦いアルジェリア風のパリの女たちエビアン協定アルジェリア独立青年アルジェリア運動ボーヌ(アルジェリア)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone