コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーソ コーソ Corso, Gregory (Nunzio)

2件 の用語解説(コーソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーソ
コーソ
Corso, Gregory (Nunzio)

[生]1930.3.26. ニューヨーク
[没]2001.1.17. ミネソタ,ロビンズデール
アメリカの詩人。ローワーイーストサイドのスラム街のイタリア系の生れで,17歳で刑務所に収監されたが独学し,1950年にギンズバーグと出会って詩を書きはじめた。南アメリカアフリカを放浪したのち,マサチューセッツに落ち着き,ハーバードの学生らの援助で処女詩集『喧騒の聖女』 The Vestal Lady on Brattle (1955) を出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーソ
こーそ
Gregory Nunzio Corso
(1930―2001)

アメリカのビート派詩人。イタリア系移民の子としてグリニジ・ビレッジのスラム街に生まれる。何度も少年院送りとなり、20歳まで3年間は刑務所にいた。文学に目覚めたのもそのころで、やがてギンズバーグらを知り、詩を書き始めた。ギンズバーグ、ケロアックと並んで、彼は「ビート派」のもともとの作家である。「サンフランシスコルネサンス」の立役者となったこの有名な作家や詩人のなかでは、彼は無垢(むく)の子供のような存在であり、また道化の役割をもっていた。初期の作品は独学によって書かれた感じであり、しばしば滑稽(こっけい)さを表すだけでなく、読者の胸を打つ真実味もある。詩集に『ガソリン』(1958)、『死の幸福な誕生日』(1960)、『人間ばんざい』(1962)、『土まみれの手』(1981)、ほかに小説、戯曲もある。[徳永暢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーソの関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーソの関連情報