コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーポレート・シチズンシップ corporate citizenship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーポレート・シチズンシップ
corporate citizenship

企業による地域社会の向上・発展のための寄付やボランティア活動の総称。これらの活動は企業本来の事業活動とは異なるものであるが,企業が社会的な存在 (企業市民) としての責任を果たす手段として注目を浴びている。もともとはアメリカで重視されていたものであり,先駆的な事例としては鉄鋼王の A.カーネギーが 1911年にカーネギー財団を設立したことがあげられよう。第2次世界大戦後,アメリカにおいて企業による寄付が盛んになり,今では幅広い慈善活動に参加しなければ,一流企業との評価は得られないとまでされている。近年,日本においても,積極的な意味での企業倫理の推進手段とされ,企業による冠イベント,メセナなどが試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android