コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールマン石 コールマンせきcolemanite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールマン石
コールマンせき
colemanite

Ca2B6O11・5H2O 。ホウ素カルシウム水酸化物を主成分とする鉱物。比重 2.42,硬度 4.5。灰ホウ石ともいう。これが最初に発見されたアメリカ,カリフォルニア州死の谷の鉱山所有者 W.コールマンにちなんで命名された (1883) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コールマン石の関連キーワードコキンボ石チオ硫酸ナトリウム硫酸銅アルカリ炭酸塩水化物イモゴライト塩化カドミウムチオ硫酸ナトリウム配位水ヨウ化ナトリウム(沃化ナトリウム)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android