コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴガ Goga, Octavian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴガ
Goga, Octavian

[生]1881.4.1. トランシルバニア,ラシナリ
[没]1938.5.7. ブカレスト
ルーマニアの詩人,政治家。オーストリア=ハンガリー帝国治下のトランシルバニアで司祭の家に生れ,ブカレスト大学に学んだ。中学時代から詩作を始め,民族的抑圧,社会的圧迫のもとに苦しむルーマニア農民の姿をうたった抒情詩は,『詩集』 Poezii (1905) ,『大地はわれらを呼ぶ』 Ne chiamǎ pǎmîntul (09) ,『壁の影から』 Din umbra zidurilor (13) などに収められた。独立運動に参加して郷里を追われたが,ルーマニアへ移ってからは次第に右傾化し,1930年代にファシズムを受入れ,37~38年には首相として王制独裁体制の成立に寄与した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴガ【Octavian Goga】

1881‐1938
ルーマニアの詩人,政治家。オーストリア・ハンガリー支配下のトランシルバニア地方に生まれ,ブダペスト,ベルリンで大学教育を受けた。異民族支配下のルーマニア農民の民族的悲劇と解放への願いを簡潔で透明な文体に歌った《詩集》(1904)によって愛国詩人として名声を得,また〈ルーマニア人民族党〉の活動に参加して,数度投獄された。1912年にルーマニアに移住し,しだいに政治の中枢部に入りこみ,詩作から遠ざかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ゴガの関連キーワードインゲンマメ(隠元豆)ディエゴガルシア基地カゴノキ(鹿子の木)ニガイチゴ(苦苺)A. ジュグノーススクミリンゴガイルーマニア文学ジャンボタニシチャゴス諸島タニシモドキジャンボ田螺サンゴガニタマゴガイ竦み林檎貝リンゴガイアカガエルツルモドキ鹿子の木4月1日信濃豇豆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android