コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴグ Gog

世界大百科事典 第2版の解説

ゴグ【Gog】

旧約聖書《エゼキエル書》38~39章で〈マゴグMagogのゴグ〉として言及される王。イスラエルに攻め込むが,神の奇跡的介入行為で滅ぼされるという。マゴグは〈ゴグの地〉と解されるが,後代ゴグと対で考えられた。新約聖書ヨハネ黙示録》20章では,両者は終末の日にサタンに惑わされて聖徒と神の都を攻めるが,神により火と硫黄の池に投げ込まれる。ゴグは黒海周辺の北の果てなる地の,イスラエルと神に敵対する勢力の代表者として,その記述の最初の時代から神話的・終末論的な色彩を帯びていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴグの関連キーワードイースタンタウンシップススターリングラード攻防戦おきうと(おきゅうと)スモクトゥノフスキーボルゴグラード人造湖アルゴグラフィックススターリングラードタチアナ レベデワメドベージツァ川ボルゴグラード州ボルガ川沿岸丘陵ボルガ・ドン運河アフトゥビンスクボルガドン運河シャーブルックボルジュスキーウリュピンスクカラチナドヌージョウゴグモミハイロフカ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android