コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴサインタン山 ゴサインタンサン

3件 の用語解説(ゴサインタン山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴサインタン‐さん【ゴサインタン山】

《〈ネパールGosainthan》中国南西部、チベット自治区のネパールとの国境近くにある、ヒマラヤ山脈の高峰。標高8012メートル。1964年に中国登山隊が初登頂。名称は「神の座」の意。チベット語シシャパンマ(希夏邦瑪)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴサインタン山
ごさいんたんさん
Gosainthan

中国、チベット自治区南部、ネパール・ヒマラヤ山脈の高峰。標高8013メートル。ネパールとの国境近く、エベレスト山の北西約120キロメートルに位置する。インド測量局番号はピーク46。ゴサインタンとはヒンディー語で「聖者の場所」を意味し、チベット名はシシャ・パンマとよぶ。この高峰の位置は長い間不明であったが、1960年代に入ってようやく全貌(ぜんぼう)がわかりかけた。しかし、位置は国境よりわずかにチベット領にあるため、初登頂は64年5月2日、中国隊によってなされた。この登頂によって世界の8000メートル峰はすべて登頂された。その後81年4月30日、日本の女子登攀(とはん)クラブ(隊長田部井淳子)が登頂に成功した。[金子史朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴサインタン山の関連キーワードシシャ・パンマ[山]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone