コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴサインタン山 ゴサインタンサン

大辞林 第三版の解説

ゴサインタンさん【ゴサインタン山】

中国、チベット自治区の南部、ネパール国境に近いヒマラヤ山脈の高峰。海抜8013メートル。チベット名、シシャパンマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴサインタン山
ごさいんたんさん
Gosainthan

中国、チベット自治区南部、ネパール・ヒマラヤ山脈の高峰。標高8013メートル。ネパールとの国境近く、エベレスト山の北西約120キロメートルに位置する。インド測量局番号はピーク46。ゴサインタンとはヒンディー語で「聖者の場所」を意味し、チベット名はシシャ・パンマとよぶ。この高峰の位置は長い間不明であったが、1960年代に入ってようやく全貌(ぜんぼう)がわかりかけた。しかし、位置は国境よりわずかにチベット領にあるため、初登頂は64年5月2日、中国隊によってなされた。この登頂によって世界の8000メートル峰はすべて登頂された。その後81年4月30日、日本の女子登攀(とはん)クラブ(隊長田部井淳子)が登頂に成功した。[金子史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴサインタン山の関連キーワードランタン・ヒマール山脈Gosainthanチベット(自治区)ゴサインタン神の座

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android