コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットシャルク[オルベ] ゴットシャルクオルベGottschalk (Godescalc) von Orbais

1件 の用語解説(ゴットシャルク[オルベ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴットシャルク[オルベ]
ゴットシャルクオルベ
Gottschalk (Godescalc) von Orbais

[生]803頃
[没]868. オートビレール
ドイツの神学者,詩人。幼くして修道生活に入り,やがてオルベの修道院に定住。 835年から 840年までランスで司祭に叙せられ,北イタリアなどで説教。永遠の栄光と劫罰への2つの予定を分ち,キリストの贖罪による救済は前者を与えられた人々にしか及ばないとする予定説を立て,848年のマインツ会議で異端の嫌疑を受け,オートビレールの修道院に幽閉されてそこで没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴットシャルク[オルベ]の関連キーワードブログ楽山大仏地域ブランド王貞治杜牧伴善男秘府略源信王貞治弘仁格式

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone