コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットシャルク[オルベ] Gottschalk (Godescalc) von Orbais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴットシャルク[オルベ]
Gottschalk (Godescalc) von Orbais

[生]803頃
[没]868. オートビレール
ドイツの神学者,詩人。幼くして修道生活に入り,やがてオルベの修道院に定住。 835年から 840年までランスで司祭に叙せられ,北イタリアなどで説教。永遠の栄光と劫罰への2つの予定を分ち,キリストの贖罪による救済は前者を与えられた人々にしか及ばないとする予定説を立て,848年のマインツ会議で異端の嫌疑を受け,オートビレールの修道院に幽閉されてそこで没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴットシャルク[オルベ]の関連キーワードトゥールーン朝トゥールーン朝アフマド・ブン・トゥールーン円珍王貞治トゥルーン朝ランタンハールーン・アッラシードハールーン・アッラシード地域ブランド

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android