ゴットシャルク[オルベ](英語表記)Gottschalk (Godescalc) von Orbais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴットシャルク[オルベ]
Gottschalk (Godescalc) von Orbais

[生]803頃
[没]868. オートビレール
ドイツの神学者,詩人。幼くして修道生活に入り,やがてオルベの修道院に定住。 835年から 840年までランスで司祭に叙せられ,北イタリアなどで説教。永遠の栄光と劫罰への2つの予定を分ち,キリストの贖罪による救済は前者を与えられた人々にしか及ばないとする予定説を立て,848年のマインツ会議で異端の嫌疑を受け,オートビレールの修道院に幽閉されてそこで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android