コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴパーク

百科事典マイペディアの解説

ゴパーク

ウクライナおよびベラルーシの非常に速い踊り。ホパークともいい,跳ねるときの掛声〈ホプhop〉からきた名。男性の跳躍と〈膝ぐり〉を特徴とするアクロバティックな踊り。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴパーク【gopak[ロシア]】

ウクライナおよび白ロシアの非常に速い2拍子の踊り。ウクライナではホパーク,ホパックhopakという。名称は踊りの合間の掛声〈ホプhop〉に由来する。本来は男性の踊りで,高い跳躍と,〈膝ぐり〉を特徴とする激しいアクロバティックな踊りである。現在では男女ともに踊られる。ゴーゴリの小説をもとにしたバレエ《タラス・ブーリバTaras Bul’ba》(振付R.V.ザハロフ,作曲V.P.ソロビヨフ・セドイ)のゴパークが有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴパーク
ごぱーく
гопак gopak ロシア語
hopakウクライナ語

ウクライナおよび白ロシアの民族舞踊。1人または数人による非常に速い2拍子の踊りで、元来は男の踊りであったが、今日では男女双方によって踊られる。男踊りは、高い跳躍や膝(ひざ)ぐりなどのアクロバット的な要素に特徴をもつ。ロシアの民族的特性を非常によく示しているこの踊りはオペラやバレエにも取り入れられ、ムソルグスキーのオペラ『ソロチンスクの市』(1874~80)の終曲「陽気な若者たちのゴパーク」は有名である。[寺本まり子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴパークの関連キーワードウクライナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android