コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマサバ

栄養・生化学辞典の解説

ゴマサバ

 [Scomber australasicus].スズキ目の海産魚.50cmほどになる食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴマサバ【spotted mackerel】

スズキ目サバ科の海産魚(イラスト)。体型がまるいのでマルサバともいう。その名のとおり体側や腹方に小黒点が散在する。英名もこれによる。マサバ(ヒラサバ)(イラスト)とは小黒点があるほか,背びれを支えている骨の数が多いことで区別される。しかし,体型や斑点の分布状態などが両種の中間形を示す個体もあり,とくに小型のものでは区別がむずかしいことが多い。全長45cmに達する。東北地方以南の暖海に多く,マサバより沖合域に生息する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴマサバ
ごまさば / 胡麻鯖
spotted chub mackerel
[学]Scomber australasicus

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。マルサバともよばれる。太平洋の亜熱帯域の沿岸に広く生息し、全長40センチメートルに達する。日本近海では三陸沿岸以南に分布する。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴマサバの言及

【サバ(鯖)】より

…【千葉 徳爾】。。…

【サバ(鯖)】より

…スズキ目サバ科サバ亜科に属する海産魚の総称。日本近海にはマサバScomber japonicus(イラスト),ゴマサバS.australasicus(イラスト),およびグルクマRastrelliger kanagurtaの3種が分布する。このうち,グルクマは熱帯系で沖縄以南に分布し,漁獲量も少ないため,ふつうサバといえばマサバとゴマサバを指す。…

※「ゴマサバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴマサバの関連キーワード土佐清水のサバ総漁獲可能量サバ(鯖)丸鯖

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴマサバの関連情報