コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴム糸 ゴムいとrubber thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴム糸
ゴムいと
rubber thread

細い糸状ゴム。製法は2種に大別される。生ゴムからつくる際は薄い加硫ゴムシートをドラムに巻き,カッターで裁断しながら製造する。工業用の防振装置,ボールの芯などに使用する。ラテックスからつくる場合は,化学繊維の紡糸と同様に,ラテックス配合物をノズルから凝固液の中に押出して糸状とし,加硫したあと製品とする。化学繊維糸のように細いものもでき,繊維製品の材料として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴム‐いと【ゴム糸】

ゴムを糸状にしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ゴム糸の関連キーワードスパンデックスシャーリングエラスチックゴムテープコード靴下

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android