コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴライアスオオツノコガネ Goliathus goliathus; goliath beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴライアスオオツノコガネ
Goliathus goliathus; goliath beetle

甲虫目コガネムシ科。体長約 10cmの巨大なコガネムシ。カブトムシのように頭部にふたまたの角があるが,短い。頭部背面は白色部が多く,前胸背面は黒色の地に,外縁のものを含め合計7本の白色の筋が前後に走る。上は茶色。同属には数種があるが,上翅の模様が非常に異なるので識別される。原始林ヤシの梢近くを飛び回り,幼虫は朽ち木の中で育つ。赤道アフリカの西側に多く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴライアスオオツノコガネ
ごらいあすおおつのこがね
Goliath beetle
[学]Goliathus goliathus

昆虫綱甲虫目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属する昆虫。この種および同属の種はいずれも熱帯アフリカに産し、巨大な体をもつ一群として有名である。体長95ミリメートル内外。濃褐色で、前胸背面に5条の白い縦帯をもち、頭、小楯板(しょうじゅんばん)、上ばねの前縁も白く、雄は頭の前方に二またの角を備える。樹上の花の蜜(みつ)や花粉、花弁あるいは樹液を食べ、雌は朽ち木に産卵し、幼虫はそれを食べて育つ。幼虫期は4~6か月、蛹(よう)期が1~2か月、成虫は4~5か月生きるという。同属のゴライアス・レギウスG. regiusは最大で10センチメートルを超え、上ばねの内方が広く白い。ほかに数種が知られている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴライアスオオツノコガネの関連キーワードアカネズミアカネズミアワガエリイケマイワギリソウウシノケグサジャノヒゲスズメノヒエチングルマハブカズラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android