コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴリュトス ゴリュトスgorytos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴリュトス
gorytos

黒海北岸で前7~3世紀頃に栄えた遊牧騎馬民族スキタイ人の用いた弓と矢を入れるケース。弓は半弓で,使用しないときにはこのゴリュトスに矢とともに入れて持運んだ。クルガン (高塚古墳) ,特に王侯たちの墓からは美術工芸品としてすぐれたものが発見されている。クリ=オバの墳墓出土の容器には,戦士がゴリュトスを帯びているのが描かれているし,チェルトムルュクの墳墓で発見されたものからは,スキタイ人とギリシア人との密接な関係がうかがわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴリュトス【gōrytos】

古代北アジアの遊牧民が用いた短弓と弓とを収納するケースのギリシア語名。ゴリトスとも呼ぶ。皮革製であったらしく,腐朽して遺存しないが,表面を覆った金銀製打出し文の飾板が遺存する場合が多く,とくに黒海北岸のスキタイの墳墓からしばしば出土する。とくに有名なのはウクライナのニコポリ近郊のチェルトムリク・クルガンから発見されたゴリュトスの黄金飾板で,アキレウスの生涯の物語を打ち出したみごとな作品(前4世紀)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android