コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルノバダフシャン自治州 ゴルノバダフシャンGorno-Badakhshan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルノバダフシャン〔自治州〕
ゴルノバダフシャン
Gorno-Badakhshan

タジキスタン東部にある自治州。州都ホローグパミール高原大部分を占め,東は中国,南と西はアフガニスタンに接する。コムニズム峰 (7495m) をはじめとする高峰の連なる山岳地帯からなり,山地はアムダリアの上流部であるピャンジ川に向かって流下する多くの河川によって深く開析されている。人口は西部の河谷に集中,大部分が農村人口で,灌漑農業を行ない,コムギオオムギ,野菜,果樹などを栽培し,養蚕も盛ん。東部の高原ではヒツジ,ヤクの飼育が行なわれる。ホローグを経て,首都ドゥシャンベとキルギスのオシを結ぶハイウェーが通り,重要な交通路となっている。面積6万 3700km2。人口 16万 7100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴルノバダフシャン自治州の関連キーワードカルルマルクス峰イスカンダロフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android