コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンツァガ Gonzaga, Aloysius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンツァガ
Gonzaga, Aloysius

[生]1568.3.9. カスティリョーネ
[没]1591.6.21. ローマ
イタリアのローマ・カトリック教徒。聖人。カスティリョーネ侯爵の子で,マントバ公 G.ゴンツァガの従弟。フィレンツェ,マントバの宮廷で教育を受け,マドリードでスペイン王フェリペ2世の王子の養育係をつとめたが,1585年に父の侯爵領の後継を辞して,ローマのイエズス会士となった。しかし聖職叙任の直前に病人を看護中に感染し,23歳で死亡。宗教的純潔と英雄的な行為により 1726年に聖人の列に加えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴンツァガの関連キーワードジャンフランチェスコ1世フランチェスコ2世ジュリオ・ロマーノカスティリオーネフェデリーコ2世ビットリーノニベルネーグァスタラルイジ1世エステ家美術収集

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android