コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サアベドラ Saavedra, Juan Bautista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サアベドラ
Saavedra, Juan Bautista

[生]1870
[没]1939
ボリビアの学者,政治家。大統領 (在任 1921~25) 。サアベドゥラとも表記される。 1902年外相になり,04年ボリビア,ペルー国境関係古文書研究のためスペインへ渡った。のち文相などを経て,21年大統領に選ばれ,アメリカ資本の導入,教育改革その他同国の近代化に努めた。アイユー (インカの血縁的農耕村落) の研究をはじめ,著作も多い。

サアベドラ

リバス(公)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サアベドラの関連キーワードドン・キホーテスペイン文学フェリペ3世チューク諸島スペイン史

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android