サイイド・クトゥブ(読み)サイイドクトゥブ

百科事典マイペディアの解説

サイイド・クトゥブ

エジプトのイスラム思想家・運動家。1930年代,イスラム思想に基づく農民の解放運動に参加。1951年からムスリム同胞団に参加し,理論上・組織上の指導的メンバーとなる。1954年ナーセル大統領暗殺未遂事件で投獄され,獄中で処刑された。神の統治権を重視する彼の思想は,後のイスラム復興運動の過激派に大きな影響を与えた。
→関連項目イブン・タイミーヤ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のサイイド・クトゥブの言及

【ムスリム同胞団】より

…しかしこの間,49年ハサン・アルバンナーを継いで団長となったハサン・イスマーイール・アルフダイビーのもとで,指導部に分裂が進行した。ムハンマド・アルガッザーリーMuḥammad al‐Ghazzalīやサイイド・クトゥブSayyid Quṭb(1906‐66)らの著作活動はむしろこの時期の理論的統一の希求を示す。同胞団と密接な関係にあったサーダートらを擁する自由将校団は,権力掌握直後は微妙な対同胞団政策をとったが,54年1月解散令を発し,同年10月ナーセル狙撃事件を機に弾圧に踏み切り,これを解体した。…

※「サイイド・クトゥブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android