コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サキソフォーン(サックス)[saxophone / sax] サキソフォーン

1件 の用語解説(サキソフォーン(サックス)[saxophone / sax]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

サキソフォーン(サックス)[saxophone / sax]

1840年~41年にアドルフサックスが考案したシングル・リード、円錐管の管楽器で、かなり太い金属製の管に、クラリネットによく似たマウスピースが取り付けられている。木管と金管とを合わせたような甘い独特の音色で、豊かな音量をもつ。表現の幅は広く、あるときは華麗に、あるときはセンチメンタルな表情も出せる。ソプラニーノからコントラバスまで数多くの種類があるが、現在最もよく使われるのが、Eb管のアルトとBb管のテナーで、これに次いで、Eb管のバリトンとBb管のソプラノである。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サキソフォーン(サックス)[saxophone / sax]の関連キーワードエクアドルドルフィンキックサックスサキソホンサクスホルングアドループバリトンサックスアダン, アドルフアドルフォ・ドミンゲス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone