コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントラバス Kontrabass; double bass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コントラバス
Kontrabass; double bass

弦楽器の一種。バイオリン属の最低音の楽器。別名ダブルベース

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コントラバス

(1)バイオリン属の最低音域の擦弦(さつげん)楽器(弦楽器参照)。もともとはビオル属に由来する楽器だが,現在では通例バイオリン属に数えられ,英語でダブルベースdouble bass,ベースともいう。
→関連項目サリュソホーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コントラバス【Kontrabass[ドイツ]】

〈ダブル・ベース〉〈弦バス〉とも呼ばれる。バロック時代には通奏低音の重要な楽器として,現在ではオーケストラの最低声部の担い手として,またジャズコンボにも欠くことのできない低音楽器である。弦の数は,ベートーベンの頃は3本だったが,現在は主として4本で,調弦は低い方からE,A,D,Gである。チェロの音を1オクターブ下で重複する必要から,低い方にC線を加えて5弦にしたり,4弦のまま特別の装置をつけたものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コントラバス【Kontrabass】

西洋の擦弦楽器の一。バイオリン属中、最も形が大きく、高さ約2メートル。最低音部を奏する。ダブル-バス。ダブル-ベース。バス。ベース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コントラバス
こんとらばす
double bass英語
Kontrabassドイツ語
contrebasseフランス語
contrabbassoイタリア語

弦楽器。バイオリン属のなかで最低音域を受け持つ。ダブルベースともよばれる。外形はバイオリン属の他の楽器とほぼ同じだが、ビオール属の名残(なごり)をややとどめ、一般に胴の肩の部分がなだらかで、胴の上部が棹(さお)に沿う形ですこし伸びている。一部には裏板の膨らみの少ないものもある。全長約2メートル。糸巻は弦の大きな張力に対応するために歯車式になっている。左手の負担を減らすために調弦は4度間隔で、4弦のコントラバスではE2-A2-D3-G3に調弦されるが、必要に応じてE線をCにまで下げられる装置がついたものや、C線を別にもつ5弦の楽器も多く用いられる。古典派時代まではチェロの8度下を重ねる使われ方が多かったが、しだいに独自の地位を獲得し、ときには独奏にも用いられる。ジャズなどに使われるときはウッド・ベースもしくはベースとよばれ、弦をはじくピッチカート奏法が中心になる。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコントラバスの言及

【バス】より

…例えばバス・クラリネット,バス・チューバなど。そのなかでもとくに,コントラバスの略称として用いられる。【津上 智実】。…

【ビオローネ】より

…弦楽器の一種,大きなビオラの意。16世紀にはビオラ・ダ・ガンバのバスを,やがてそれより5度またはオクターブ低いコントラバス・ガンバを指すようになった。16世紀後半から顕著になった宮廷音楽における祝祭性は,より大きな合奏体を要求し,その土台を支える豊かな響きをもつ低音楽器の開発を促した。…

※「コントラバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コントラバスの関連キーワードストリング・セクション[string section]アコースティック・ベース[acoustic bass]カー(Gary Karr)サージ クーセヴィツキーセルゲイ クーセビツキーアルペジョーネソナタアルゼンチン・タンゴベース [bass]バール フィリップスバス[bass]ジプシー・バンドクーセビツキーゲーリー カードラゴネッティトニー レビンスーザフォーンヴィオール属ジュスキントウッドベースピチカート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コントラバスの関連情報