コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルト アルト Alt, Albrecht Georg

8件 の用語解説(アルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルト
アルト
Alt, Albrecht Georg

[生]1883
[没]1956
ドイツ旧約聖書学者。 1913年,エルサレムのドイツ福音協会の指導者に任命される。 21~23年にかけて,エルサレムのドイツ福音コミュニティーを指導。グライバルト,バーゼル,ハレ,ライプニッツ各大学の旧約聖書学教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アルト
アルト
alto

一般に声楽の女声低音域をさし,音域は普通ヘから1点ニあたりまで。コントラルト contraltoとも呼ばれ,ソプラノテノールの間に位置する。また,フランスイタリアでは弦楽器ビオラをさすほか,フルートクラリネットサクソフォーントロンボーンなどでアルトの音域を受けもつものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルト(〈イタリア〉alto)

《高いの意で、テノールより音域が高いところから》
女声の最低音域。また、その声域の歌手。コントラルト。
楽曲で、上から2番目の声部。
同一属の楽器の中で、声のアルトに相当する音域をもつもの。アルトサックスなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルト

音楽用語。低い音域の女性の声域または歌手のことで,コントラルトcontraltoともいう。元来はイタリア語altoの意味が示すように,高い音域の男声をさした。また4声部の合唱や和声づけでは,上から2番めの声部を呼ぶ。
→関連項目ダマリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

音楽用語ダスの解説

アルト

女声のうち、低いパートのこと。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アルト

スズキが1979年から製造、販売している軽自動車。5ドアハッチバックを中心とする。同社を代表する車種の一つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルト【alto[イタリア][フランス]】

ラテン語のaltus(高い)を語源とする音楽用語で,元来は,定旋律を担うテノールに対して〈高い〉声部contratenor altusの意で用いられた。これが省略されてコントラルトcontraltoとも呼ばれる。一般に,(1)4声作法において上から2番目の声部(ソプラノの下でテノールの上の声部),(2)女性の最も低い声種(図1)を指すことが多い。(3)器楽では,同族楽器中,人声のアルトに相当する位置を占める楽器(4度前後ソプラノ楽器より低い,またはテノール楽器より高いもの)をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルト【alto】

〘音〙 〔「高い」の意。テノールより高いところから〕
低い音域の女声。また、その音域の声部や歌手。
多く管楽器で、アルトの音域の楽器。アルト-サクソフォーンなど。また、特にフランスでビオラの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルトの言及

【ビオラ】より

…バイオリン属の中音楽器。ドイツ語ではブラーチェBratsche,フランス語ではアルトaltoという。バイオリンより完全5度低く調弦され,奏法は基本的にほぼバイオリンと同じである。…

※「アルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルトの関連キーワードサクラメント俗ラテン語祖語テノール道化パラソル拉葡日対訳辞書羅甸第3手根骨 (3rd carpal bone)副手根骨 (accessory carpal bone)

アルトの関連情報