コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクソルン サクソルン saxhorn

翻訳|saxhorn

3件 の用語解説(サクソルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクソルン
サクソルン
saxhorn

楽器製作者 A.サックスが 1845年にパリで発表し,特許を取った一連のブラス管楽器。変ホ管ソプラニーノから変ロ管コントラバスまで7種類ある。バリトン以下の低音楽器のみ比較的成功し,今日ではチューバ属に含められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サクソルン(saxhorn)

サクスホルン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サクソルン

金管楽器の一種。サックスホルンともいう。サクソフォーンの考案者A.サックスが1845年ころ軍楽隊のために考案。高音から低音まで小ビューグル,ビューグル,アルト,バリトン,ユーフォニアム(ユーフォニウム),中バス,大バスの7種があり,音質や性能の均一化をめざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のサクソルンの言及

【角笛】より

…19世紀には弁やキーなどの付加により演奏能力の向上が図られた。サクソルン,チューバなどの新楽器も,ビューグル改良の試みを徹底的に推し進めた結果の産物と見ることもできる。なお今日では,複雑な転調や変化音も自在にこなす本格的設計のビューグルと,前述の信号ラッパとの中間ともいえそうな,簡易な設計のビューグルも作られており,パレード等のビューグル・バンドはこれを用いることが多い。…

※「サクソルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サクソルンの関連キーワード金管楽器サクソフォーンバセットホルンビューグル莫目イングリッシュホルン金管サキソホンサクスホルンフリューゲルホーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone