コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササウシノシタ Heteromycteris japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササウシノシタ
Heteromycteris japonicus

カレイ目ササウシノシタ科の海水魚全長 15cm内外。体は卵形,扁平で,両眼とも体の右側にある。の先端が著しく腹方に垂れ下がる。口は鉤状に曲り腹方に開く。有眼側の体色黄褐色または暗褐色で,黒褐色および乳白色斑紋が散在する。岸近くのごく浅いところから,水深 100mにわたってすむ。産卵期は春から夏。本州中部以南に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササウシノシタ
ささうしのした / 笹牛舌
hookmouth sole
[学]Heteromycteris japonica

硬骨魚綱カレイ目ササウシノシタ科に属する海水魚。北海道と東北地方を除く日本各地、東シナ海、黄海に分布する。両眼が体の右側にあるウシノシタ類。口は鉤(かぎ)状に曲がって腹方に開き、胸びれは痕跡(こんせき)的。有眼側の体は灰褐色で白と黒の小点が散らばる。小形で体長16センチメートルぐらいになる。水深200メートル以浅の砂底域にすみ、小型の甲殻類、ハゼ類などの幼稚魚などを食べる。産卵期は春~夏で、直径1ミリメートルほどの浮遊卵を産む。仔魚(しぎょ)は体長7ミリメートルほどで目が移動するなど変態し、沿岸の浅所で砂に潜って生活することが多い。有眼側の体をほかのものに付着させる不思議な習性があり、ダイバーの腕などに吸着することがある。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のササウシノシタの言及

【ウシノシタ】より

…カレイ目ウシノシタ亜目Soleoideiに属する魚の総称で,眼が体の右にあるのがササウシノシタ科Soleidae,左側にあるのがウシノシタ科Cynoglossidaeである。世界中の温・熱帯域の浅海底に分布するが,まれに淡水に生息する種もある。…

※「ササウシノシタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ササウシノシタの関連キーワードトビササウシノシタササウシノシタ類ムスメウシノシタアマミウシノシタミナミウシノシタセトウシノシタシマウシノシタ舌鮃・舌平目コモンソール瀬戸牛之舌笹牛之舌縞牛の舌瀬戸牛舌縞牛之舌南牛之舌牛の舌笹牛舌異体類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android