ササガヤ(読み)ささがや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササガヤ
ささがや / 笹茅
[学]Leptatherum japonicum Franch. et Sav. var. japonicumMicrostegium japonicum Koidz.

イネ科(APG分類:イネ科)の一年草。稈(かん)は基部で分枝して地面をはい、高さ20~70センチメートル。葉は広披針(こうひしん)形、長さ2~7センチメートル、幅0.7~1センチメートル。8~10月、稈頂に多少垂れ下がる小花序を3~6本、掌(しょう)状につける。小穂には2個の小花があり、対(つい)をなして1個は有柄、1個は短柄または無柄の披針形で、第4穎(えい)の芒(のぎ)は5~8ミリメートル。丘陵地の林内や藪(やぶ)などの半日陰に群生し、北海道から九州、朝鮮半島、中国に分布する。アシボソは小花序の中軸に縁毛があり、閉鎖花で雄しべは3本、葯(やく)は短い。ササガヤはアシボリ属にふくまれていたが、ミヤマササガヤ属として分けられた。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android