コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サックビル・ウェスト サックビルウェスト

百科事典マイペディアの解説

サックビル・ウェスト

英国の女性詩人,小説家。男爵の娘。外交官・伝記作家・小説家のニコルソンHarold Nicolson〔1886-1968〕の妻。作品に,詩集《土地》(1926年),《庭》(1946年),小説《エドワード朝の人たち》(1930年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サックビル・ウェスト
さっくびるうぇすと
Vita Sackville-West
(1892―1962)

イギリスの女流小説家、詩人。16世紀以来の名門、サックビル男爵家に生まれ、外交官・文筆家のハロルド・ニコルソンHarold Nicolson(1886―1968)と結婚(1913)。イギリスの田園を深く愛し、詩集『土地』(1926)でホーソーンデン賞を受ける。小説には『遺産』(1919)、『エドワード朝の人たち』(1930)など。バージニア・ウルフの小説『オーランドー』のモデルとしても知られる。[小松原茂雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サックビル・ウェストの関連キーワードウルフ(Virginia Woolf)デ・ラ・ウェア(男・伯家)サックヴィル・ウェスト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android