コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトゥルヌス詩体 サトゥルヌスしたいVersus Saturnius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトゥルヌス詩体
サトゥルヌスしたい
Versus Saturnius

ローマの古い時代の詩の形式。遠い過去の意味でユピテル大神の父サトゥルヌスの名を冠した。ギリシアの詩形とも,またそれを移入したのちのローマの詩形とも異なり,音節の長短ではなく,アクセントをもとにしてつくられた。聖歌,祈願,呪文,格言などに用いられ,特に軍神マルスの神官団サリーの歌う賛歌はその典型。リウィウス・アンドロニクスやナイウィウスら初期の詩人はまだこの詩形を用い,プラウツステレンチウスの喜劇の韻律にも,アクセントに基づくこの形式の名残りが認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サトゥルヌス詩体の関連キーワードナエウィウス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android