リウィウス・アンドロニクス(英語表記)Livius Andronicus, Lucius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウィウス・アンドロニクス
Livius Andronicus, Lucius

[生]前284頃.タレンツム
[没]前204頃
ローマの詩人。「ローマ文学の創始者」といわれる。捕虜としてローマに行き,解放されてギリシア語とラテン語の教師となる。教材の必要から,サトゥルヌス詩体を用いて『オデュッセイア』をラテン語に翻訳。ギリシア劇に基づいて初めてラテン語の悲劇を創作,みずから演出し,俳優として演じた。女声合唱のための賛歌 (前 207) もラテン文学最初の抒情詩となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リウィウス・アンドロニクス
りうぃうすあんどろにくす
Livius Andronicus
(前284ころ―前204ころ)

古代ローマの詩人。南イタリア、タレントゥム(タラント)生まれのギリシア人。幼少のころ捕虜としてローマに連行され、解放されて、ギリシア語とラテン語の教師をするかたわら、『オデュッセイア』の翻訳、ギリシア劇の翻案と上演などローマで最初の文学活動を行い、ラテン語文学の可能性に挑み、ローマ文学の開祖になった。作品はわずかな断片しか現存しない。[中山恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android