コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウィウス・アンドロニクス リウィウス・アンドロニクス Livius Andronicus, Lucius

2件 の用語解説(リウィウス・アンドロニクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウィウス・アンドロニクス
リウィウス・アンドロニクス
Livius Andronicus, Lucius

[生]前284頃.タレンツム
[没]前204頃
ローマの詩人。「ローマ文学の創始者」といわれる。捕虜としてローマに行き,解放されてギリシア語ラテン語の教師となる。教材の必要から,サトゥルヌス詩体を用いて『オデュッセイア』をラテン語に翻訳。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リウィウス・アンドロニクス
りうぃうすあんどろにくす
Livius Andronicus
(前284ころ―前204ころ)

古代ローマの詩人。南イタリアタレントゥムタラント)生まれのギリシア人。幼少のころ捕虜としてローマに連行され、解放されて、ギリシア語とラテン語の教師をするかたわら、『オデュッセイア』の翻訳、ギリシア劇の翻案と上演などローマで最初の文学活動を行い、ラテン語文学の可能性に挑み、ローマ文学の開祖になった。作品はわずかな断片しか現存しない。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リウィウス・アンドロニクスの関連キーワードウル第3王朝ピュロスカレンツスンガ全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王フィリッポスローレンツ‐ローレンツの式タレントゥム前田町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone