コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウィウス・アンドロニクス リウィウス・アンドロニクスLivius Andronicus, Lucius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウィウス・アンドロニクス
Livius Andronicus, Lucius

[生]前284頃.タレンツム
[没]前204頃
ローマの詩人。「ローマ文学の創始者」といわれる。捕虜としてローマに行き,解放されてギリシア語とラテン語の教師となる。教材の必要から,サトゥルヌス詩体を用いて『オデュッセイア』をラテン語に翻訳。ギリシア劇に基づいて初めてラテン語の悲劇を創作,みずから演出し,俳優として演じた。女声合唱のための賛歌 (前 207) もラテン文学最初の抒情詩となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リウィウス・アンドロニクス
りうぃうすあんどろにくす
Livius Andronicus
(前284ころ―前204ころ)

古代ローマの詩人。南イタリアタレントゥムタラント)生まれのギリシア人。幼少のころ捕虜としてローマに連行され、解放されて、ギリシア語とラテン語の教師をするかたわら、『オデュッセイア』の翻訳、ギリシア劇の翻案と上演などローマで最初の文学活動を行い、ラテン語文学の可能性に挑み、ローマ文学の開祖になった。作品はわずかな断片しか現存しない。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リウィウス・アンドロニクスの関連キーワード友愛数家事調停振り込め詐欺救済法県林業公社問題支えあう会ピーチ&グレープ電力の小売り全面自由化西表島鏡山田単杜預

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone