コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバ州 サバSabah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバ〔州〕
サバ
Sabah

マレーシア,ボルネオ島北東部の州。州都コタキナバル。全体に山がちで,広く熱帯雨林におおわれる。北西海岸沿いにクロッカー山脈がそびえ,マレー諸島の最高峰キナバル山 (4101m) がある。 1881年イギリス領北ボルネオとなったが,バジャウ族などの抵抗が 1900年まで続いた。 1963年マレーシア連邦の結成によりその州となる。フィリピンがサバの領有を主張しており,両国の外交問題となっている。ゴム,タバコ,ココヤシアブラヤシ,イネが栽培されるが,主産物は木材。 70年代に日本がマムート地区に銅鉱山を開発し,積出港コタブルドが整備された。 70年代後半からは油田も開発された。主要都市はコタキナバルのほかサンダカンタワウクダトなどで,海岸地帯に立地する。北西海岸沿いに鉄道があり,コタキナバル-サンダカン間は幹線道路で結ばれるが,内陸への交通は河川に頼る。面積7万 3620km2マレー人のほかカダザン族,中国人,バジャウ族などが住む。人口 147万 200 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サバ州の関連キーワードトゥンクアブドゥルラーマン国立公園ラブックベイテングザル保護区コタキナバルのシグナルヒルタートルアイランズ国立公園マレーシアとフィリピンクランバ野生動物保護区コタキナバル州立モスクダヌムバレー自然保護区タビン野生動物保護区サンダカン記念公園ダルル・イスラムキナバタンガン川キナバル自然公園キナバル国立公園コタ・キナバルサラワク[州]サバ州立モスクジェッセルトンスバティック島ゴマントン洞窟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サバ州の関連情報