コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフランモドキ Zephyranthes grandiflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サフランモドキ
Zephyranthes grandiflora

ヒガンバナ科多年草で,新大陸の亜熱帯地域原産といわれる。地下にスイセンに似た球根がある。葉は平たい線形で数枚がつき,基部紅色を帯びる。夏に,株のやや外側の葉間から高さ 20~30cmの花茎を直立して1花をつける。花は6弁で大きく平開し径6~10cm,紅色で下部は緑色をしている。おしべは6本で (やく) は鮮かな黄色,めしべ柱頭は3つに割れる。子房は下位で,花筒の基部にふくらみとなって見え,そのさらに下方膜質の包が花梗を抱くようにある。日本では江戸時代に渡来して栽培され,サフランと混同されたことからこの名がついた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サフランモドキ

タマスダレ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サフランモドキ
さふらんもどき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサフランモドキの言及

【タマスダレ】より

…アルゼンチン原産。よく似たサフランモドキZ.carinata (Spr.) Herb.(英名zephyr lily)は,中央アメリカ原産で桃色花をつける。温帯原産のタマスダレは最も作りやすく,春に植え込んで,多めに肥料を与えるとよい。…

※「サフランモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サフランモドキの関連キーワードタマスダレ(玉簾)蕃山慈姑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android