サプライチェーン(読み)さぷらいちぇーん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サプライチェーン

個々の企業の役割分担にかかわらず、原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がり。その視点から、ITを活用して効果的な事業構築・運営する経営手法がSCMサプライチェーンマネージメント)と呼ばれる。生産や調達などの体制を柔軟に対応することで、余剰在庫の削減など適正な生産体制を整えられる。このため、需要の見通しに変化が大きい商品の生産に導入される例が多い。米国では、コンピューターメーカーでの採用実績が目立つなか、最近は、小売業などにも普及が広がっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サプライチェーン

サプライは供給チェーン連鎖の意味。製品の原材料が生産されてから消費者に届くまでの一連工程。今回の震災では、多くの部品メーカーが結ばれる自動車産業被害が深刻で、全国的には、半導体や化学メーカーへの影響も小さくなかった。

(2011-09-14 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

サプライ‐チェーン(supply chain)

ある製品が、原料の段階から消費者に至までの全過程のつながりのこと。供給網。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サプライチェーン【supply chain】

製造業において、原材料調達・生産管理・物流・販売までを一つの連続したシステムとして捉えたときの名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サプライチェーンの関連情報