コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サペ サペ Sape

2件 の用語解説(サペの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サペ(Sape)

インドネシア南部、小スンダ列島スンバワ島東部の港町。同島の中心地であるビマの南東約5キロメートルに位置する。フローレス島スンバ島と航路で結ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サペ

マレーシアの撥弦楽器。東マレーシアサラワク州カヤン人やクニャ人の男性が用いる。普通,1本の太い丸太を縦に割って2本のサペを作る。全長約150cmのうち約115cmが胴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のサペの言及

【インドネシア】より

…とくにその種類は豊かで,高い芸術性を示している。
[カリマンタン]
 内陸部のダヤク族の間では,サペ(撥弦楽器)と,その伴奏によるアニミスティックな色合いをもった男踊りと女踊りが知られている。さらに他の島々とも共通な竹の打楽器と,クレディ(笙の一種)が見られる。…

【カチャピ】より

…チター属の代表的なものは,ミンダナオ島のクジャピ,ジャワ西部のカチャピで,特に後者は歌や笛と組み合わされ音楽的にきわめて芸術性の高いものである。リュート属のものには,スマトラのバタク族のカチャピ(ハサピ),スラウェシのブギス族のカチャピ,カリマンタンのダヤク族のサペ(サンベ,イムパイ)がある。タイではクラジャピと呼ばれる。…

※「サペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サペの関連キーワード撥弦楽器マレーシアドムラマレーシア語コタキナバルのシグナルヒルマレーシアの王宮マレーシアとフィリピンマレーシアと日本Georgetown(マレーシア)インドネシア・マレーシア言語委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サペの関連情報