サボイア[家](読み)サボイア

百科事典マイペディアの解説

サボイア[家]【サボイア】

イタリアの王家。始祖はウンベルト1世Umbrto I〔970?-1056〕。初め南仏サボア地方を領し,その後北イタリアのピエモンテ,ニースに進出。15世紀アメデオ8世は初めてサボイア公を称し,1720年ビットリオ・アメデオ2世Vittorio Amadeo IIがサルデーニャ王国を樹立,初代国王となる。以後イタリア統一運動(リソルジメント)の中心となり,1861年イタリア王国成立と同時にビットリオ・エマヌエレ2世が王位についた。1946年ビットリオ・エマヌエレ3世が退位し共和制が成立するとその子ウンベルト2世ら一族は国外に追放された。
→関連項目グアリーニサボアデュファイバレ・ダオスタ[州]ピエモンテ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android