サボイア[家](読み)サボイア

百科事典マイペディアの解説

サボイア[家]【サボイア】

イタリアの王家。始祖はウンベルト1世Umbrto I〔970?-1056〕。初め南仏サボア地方を領し,その後北イタリアのピエモンテ,ニースに進出。15世紀アメデオ8世は初めてサボイア公を称し,1720年ビットリオ・アメデオ2世Vittorio Amadeo IIがサルデーニャ王国を樹立,初代国王となる。以後イタリア統一運動(リソルジメント)の中心となり,1861年イタリア王国成立と同時にビットリオ・エマヌエレ2世が王位についた。1946年ビットリオ・エマヌエレ3世が退位し共和制が成立するとその子ウンベルト2世ら一族は国外に追放された。
→関連項目グアリーニサボアデュファイバレ・ダオスタ[州]ピエモンテ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android