サミュエル アレクサンダー(英語表記)Samuel Alexander

20世紀西洋人名事典の解説

サミュエル アレクサンダー
Samuel Alexander


1859 - 1938
英国の実在論的哲学者。
元・マンチェスター大学教授。
シドニー生まれ。
古典・哲学・数学を学び、グリーン、ブラッドリなどの影響下に一種の汎神論的進化論を形成し、これにアインシュタインミンコフスキー相対性理論を結合して、独自の形而上学世界観を築いた。実在の根元は4次元的連続体である時空観、特に時間であり、世界はこれを母胎として、偶発物が生成進化する過程であると考えた。主著に「空間・時間・神性」(’20年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android