サモシール島(読み)サモシールトウ

デジタル大辞泉の解説

サモシール‐とう〔‐タウ〕【サモシール島】

Pulau Samosir》インドネシア、スマトラ島北部のトバ湖に浮かぶ島。カルデラの中央部がドーム状に隆起した地形であり、湖面からの比高は450メートルある。主な町はトゥクトゥクトモックアンバリータシマニンドなど。景勝地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サモシール島
さもしーるとう
Samosir Island

インドネシア、スマトラ島北部にあるトバ湖に浮かぶ島。長さ48キロメートル、幅16キロメートル、面積約600平方キロメートル、最高点は1630メートルである。トバ湖と調和した美しい景観は「東洋のスイス」とよばれ、国際的な観光地となっている。島を一周する道路が開設され、西部のパングルランは、トバ湖畔のパラパットブラスタギなどとともに避暑地として知られる。人口約12万のトバ・バタック人が居住する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android